2017年10月18日

【安全な保育はこうしてできるA】保育士の基本的な位置取り

【安全の確保は意外とシステマチック】
_YUK0477.jpg
photograph: Kengo Katagiri


 「安全な保育」というテーマでの第A回目の記事になります。第一回では「基本的な保育士の配置基準」ということを、RyU先生の勤務先の保育園の保育対数を使って説明していきました。

今回は、そうした基準があった上でより安全に、効率的に事故を防ぎながら、子ども達が楽しく遊ぶことができるのか?について詳しく説明をしていきたいと思います。今回はかなり現場よりの話になるので、もしRyU先生の記事の読者の中で保育士を目指している方や、保育歴の浅い方がいましたら参考にしてもらえると、いざ現場に入った時に戸惑わないで済むかもしれません^^






<子どもを見守る時の3原則>
1.保育者の後ろに子どもが居ないようにする
2.複数人で全ての位置にいる子どもが見れる位置を取る
3.注意したい子どもの側に必ず1人は保育者がつく



 保育園では複数の子どもを一斉に見ることになります。バラバラに遊び、友だちと関わり遊ぶ子もいれば、1人での遊びに集中する子もいる。中には保育者との関わりを強く求める子もいて本当に様々な状況が考えられます。そうした中で、1人1人の安全を確保しながら、十分に遊べるようにしていくには、保育者が連携をはかってかつ部屋全体を見渡した時に子どもが見えない場所(死角)がないように位置取る必要があります。

 そんな時に意識をしたいのが「子どもを見守る時の3原則」になります。これらはRyU先生の見解によるものですが、多くの先生方が考えながら保育されているものと、そう相違はないかと考えています。では、これらについて詳しく解説をしていこうと思います!!





ブログの発展の為にランキングのクリックを宜しくお願いいたします
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ ブログランキング・にほんブログ村へ


【安全な保育の3原則は保育の基本】
306026d88e9f17ea788bcd475f257003_s.jpg

<1.保育者の後ろに子どもが居ないようにする>

 保育室というのは、子ども達の衣服や製作用具、カバンなどを入れる「ロッカー」や、「玩具・玩具棚」、食事をしたりパズルなど机上の遊びをする為の「机、椅子」、そして「子ども達」、「保育者達」が存在します。

 例えば、背の高いロッカーが真ん中にあったりすれば、その奥に居る子どもを見ることはできませんね。こうした死角というのはケガや事故の温床であり、まず保育室に存在してはいけないスペースになります。

 なので、保育室というのは様々ですが、基本的にはそうした死角を作らない環境設定がしてあります。中には真ん中や入り口付近にロッカーを配置して保育室を区切ることもありますが、そうしてできる死角の部分は保育者が連携をして違う角度から子どもを見ることで子ども達全員を視界にいれることができる様にして事故を防いでいます。

 こうした環境設定は各個人の配慮というよりは、保育室と言う環境に対しての最低限守る必要のある基準のようなものであるように思っています。さて、もし保育園に子どもを預けるとして、最低基準を満たしているだけでは不安が残りますよね。そこで、保育者の努力や配慮が必要になってくるというわけです。

 まずは子どもを見守る際の大前提であり、原則なのが「子どもが保育者の後ろに居ない」ようにすることから始まります。人間の目は2つだけですね。後ろの物は見えませんよね。ということは、自分の背中側で遊んでいる子どもが何かに躓いて転んでしまっても、それを未然に防いであげることも、転びそうになった時に手を差し伸べてあげることもできない。ということになります。
また、何度か述べている死角を作ってしまうことにも気付きます。他の保育者と連携が取れていても、自分の後ろで遊んでいる子どもというのは、他の保育者からしたら「自分の影に居る」死角になってしまっているのです。これではせっかくの連携も意味をなしていませんね。同様に子どもが密集している時もリスクが高くなっています。保育室に存在するものとして「保育者達」や「子ども達」を入れたのも、場合によっては死角を作ってしまう可能性があるからだったのです。

 基本的には保育者は壁やロッカーなどを背にして、部屋の全体像を掴める位置に座ります。これだけで、基本的には全ての子どもを視界に入れることができますよね。それでも人間ですから、一斉に見られる子どもの動きというものには限度がありますから、他の保育者と連携して皆で子ども達を見守っていくのです。
 

<2.複数人で全ての位置にいる子どもが見れる位置を取る>

852854879912beb6d5faab4fb8384d0b_s.jpg

 原則の一つ目でも少し触れましたが、保育者の連携なくしては子ども達の安全と言うものは保障できません。それは経験年数だとか、得手不得手の問題などではなく1人の人間が全体を把握して対応できる範囲を超えているからです。

 ここで一つの例を出します。RyU先生の現場では保育者2人で10名の1歳児の子ども達を見ています。ただ単に見守るだけなら、1.で言ったように壁際に位置を取って、その対角線にでもペアの先生が居てくれたら全ての子供を視界に収めることが可能になりますね。ですが、保育は子どもが遊んでいるだけではありません。「トイレ」に「食事」、「お昼寝」に「製作活動」、「保護者対応」など子ども達を見守ると同時に行わなければならないことが数多くあります。

 この中で「食事」を取り上げて細かな動きを書いてみようと思います。まずは、給食の流れですが、主に保育を担当するリーダーの先生が子ども達を見守ります。その間にサブの先生が「お手拭を洗う」、「机を拭く」、「配膳をする」、場合によっては給食室から上がってくる給食の載った「ワゴンを取りに行く」必要もあります。子の中でワゴンを取りにいくだけは不可抗力であって、一刻も早くサブの先生は戻ってきてリーダーが1人で10名を見る時間を少なくする必要があります。
では、他の場面ではというと、全てながら行動になります。。。

お手拭を洗いながら鏡越しに、子ども達を見る。エプロンを配るときには子ども達が居る方向を向いて配りながら見る。給食を配りながら見る。その中でトラブルがどこかで起きていれば、リーダーの先生はそのトラブル対処にまわるので他の子ども達を見る人が居なくなるので一旦手を止めて子ども達を見守ることに専念します。そしてトラブルが落ち着きリーダーが全体を見渡せるようになったらまたサブの作業を行います。

 RyU先生の保育園は中規模保育園なので致し方ない部分がありますが、例えば定員が15名以上で3人以上の保育者で保育をする場合にはまた動きが変わってきます。ともあれ、こうした連携を図ることによって保育室内の全ての位置にいる子どもが見れる状況をいつも作らなくてはいけないのです。


<3.注意したい子どもの側に必ず1人は保育者がつく>
55a1c43b9c358ed62cce9ed8b58120a0_s.jpg

 受け取り方によっては「依怙贔屓(えこひいき)」の様に思ってしまうかもしれませんが、子ども達全員の安全を確保するには不可欠な行動になります。

 まだ小さい子、特に乳児さんの場合には言葉で相手に気持ちを伝えたり、嫌な気持ちを表現する方法が分からなく、手を出してしまったり、噛み付きをしたりなどがあります。幼児さんになれば簡単なトラブルであれば自分達で解決することも可能になってきますが、やはりまだ小さいので手が出てしまうことも十分に考えられますね。
また、大人でも怒りやすい人や、むやみに手が出てしまう人がいるように、幼い子ども達はそうした性格や、その日の状態・体調などもすごく顕著にそうした行動に現れてしまいがちです。なので、そうした他児を傷つけてしまう可能性が高い(どんな子でもTPOによって危険性があります)子に関しては、クラスだけでなく職員間で周知をして対応を取ることになります。

 では、具体的にはどのように個別の対応を取るのかと言うと、基本的には「側に居る」ことです。その子の側にできるだけ寄り添い、安心して遊べる環境を作ります。その上で、「この子は玩具を取られると手が出てしまったな」、「この子は眠くなると怒りっぽいんだよね」、「この2人は仲良く遊ぶのに、よくケンカをしてしまう組み合わせだ」とどんな時が特に注意すべきなのかを考えながら見守っていきます。その様にしていきながらトラブルが起こりそうな時にはなるべく事前にそのトラブルの元を取り除き(玩具を多くする、他児と距離を取るなど)、ケガにつながる危険性を排除していくのです。

1人の子どもの動向に注目することで、周りにいる子ども達みんなの安全を確保できる様にするのが3.の目的だということです。個人的にですが、特に子どもの組み合わせはやっかいで、友だちとの交流をもってもらいたいと思う半面で、最初は本当に笑って仲良く遊んでいるのにいつトラブルに発展するのかが分かりにくい点で注意が必要だと思っています。

***********************************************

【安全な保育の為の3原則は日頃から意識したいこと】

97d0c3e296e59bbcb0f0ea9733cd8a1d_s.jpg

 今回は安全な保育の為に必要な「子どもを見守る時の3原則」を詳しく紹介して行きました。これらはRyU先生も現場で子どもと関わる時にすごく気をつけている点であり、例え小さなケガであっても起きてしまった場合にはこれらのどこかしらが欠けてしまっていたことに原因があるものです。割合で言えば9割以上がこの3原則を守れなかったことによるものになるのではないかなと実感しています。

 保育の現場と言うものがどのように回っているのか、ほんのちょこっとですが覗いて頂けたのかなと思っています。現場の保育士さんも是非参考にしてみてくださいね。そして、実習にいく学生さんも是非^^


 それでは、また遊ぼうねノシ







RyU先生(男性保育士)  専門学校を卒業後3年間私立保育園にて勤務した後、障がい児通所施設や公立待機児童一時保育室にて子どもと関わる。現在は保育や育児の悩みに応える保育士ライターとして各キュレーションメディアなどを中心に活動中。  子育て支援のモットーは「子育てがより楽しく、子どもって本当に可愛い」と思ってもらえるような支援をすること。 子育てに関する疑問や悩みがあれば、どうぞ遠慮なくコメントしてくださいね^^ ライティングのお仕事のご依頼はお仕事のご依頼に関する概要に目を通して頂いた上で、移動先のページにあるメールフォームよりご連絡ください。
〜笑顔で子育て〜RyU先生の子育て手帳 ※規約に目を通しメールアドレスを入力し登録をしてください

306026d88e9f17ea788bcd475f257003_s.jpg

2017年09月16日

【安全な保育はこうしてできる@】基本的な保育士の配置基準を知ろう


【子ども何人に対して保育士ってどのくらい必要なの?】

fcde2022ea9e7b3e85c625319ecda558_s.jpg

 みなさんこんにちはRyU先生です!今回は保育の現場の安全管理についてテーマを分けて簡単に触れていこうと思います。

 まずは各テーマに入る前に基本的なこととして「保育士の配置基準」について触れていきます。保育園には「児童福祉法」に基き「保育士の配置基準」というものが存在します。現行の規則としては、子どもの年齢に合わせて以下の様に保育士を各保育室に配置しなければならないとされています。

<保育士1人に対しての年齢別子どもの数>
0歳児 :3人
1,2歳児:6人
3歳児 :20人
4,5歳児:30人


ここに各自治体が定めることのできる最低基準が付加される場合もあります。つまり児童福祉法の基準を下回る配置は規則違反となりますが、子どもの安全や保育の質の向上の為により厳しい基準を設けることもできる。ということです。

 さて、どうしてこのような基準が存在するのでしょうか?

答えは簡単ですよね。保育園は多くの子ども達が同時に生活をする場所であり、年齢ごとに留意したい事柄は変わってきますが命を守り、健やかな成長と発達を促す為には専門家と言えどこれだけの人手が必要不可欠だからです。

 もう少し例えを加えようと思います。現在保育園に通われている方は知っているかと思いますが、保育園のクラスは複数人になっていますよね。小規模保育園でも最低2名は必ずいます。これもまた児童福祉法で定められたものになっています。

 現在RyU先生が勤めている保育園は俗に言う中規模の保育園です。正確には認可保育施設に当たる保育園です。保育施設は大きく「家庭的保育」、「小規模保育」、「認可保育施設」と人数が規定されて3種に分類されるのですが、認可保育施設の中では定員数が少ない方なので、「小規模ではないし、かといってマンモス園なんて呼ばれるほど大規模でもない。んー、まあ中規模ってところ?」ってくらいに捕らえてもらって差し支えないです。笑

定員は0歳児9名、1歳児10名、2歳児10名、3歳児10名、4歳児10名、5歳児10名となっています。まだ3年目の園ということもあり、現在は空きがあるクラスも存在しますが、仮に全クラス定員に達しているとすると園児数は59名となります。さあ、59人もの子ども達を何人の保育士が見れば、子ども達の安全を守りながら、楽しく生活をすることができるのでしょうか?

ここで先ほど説明を簡単にした保育士配置基準がでてくるわけですね。
では次のセクションでは保育士は位置基準に照らし合わせながら、RyU先生の保育園の様な定員数の保育園に必要な保育士の数を計算していこうと思います。




ブログの発展の為にランキングのクリックを宜しくお願いいたします


にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
ブログランキング・にほんブログ村へ





<ある中規模園の保育士の必要数>

cf290a9060466147d3e0dc8b9ed69295_s.jpg

 保育士1が見ることのできる子どもの人数は「0歳児3人」、「1,2歳児6人」、「3歳児20人」、「4,5歳児30人」でしたよね。0歳児クラスを例にすると、保育士1人で3人の子どもを見ることができるので

子どもの合計数÷配置基準に定められた各年齢別子どもの数必要な保育士の数

という公式に当てはめると「9(0歳児クラスの子どもの数)÷3(配置基準に定められた0歳児の数)=3(必要な保育士の数)」という様に9名の0歳児がいるクラスには3名の保育士が必要であるということが求められますね。以下もその公式に当てはめていくと


0歳児クラス9名:保育士3名
1歳児クラス10名:保育士2名
2歳児クラス10名:保育士2名
3歳児クラス10名:保育士1名
4歳児クラス10名:保育士1名
5歳児クラス10名:保育士1名
なので、この保育園に必要な保育士の最低数は10名であることが分かりますね。

 ちなみにですが、例えば0歳児さんが7名しかいない場合はどうなるかと言うと「6名も7名もほとんど変わらないし2人で頑張って見ちゃえば良いんじゃない?」と考えたくなるかもしれませんが、そうではありません。配置基準は「2人の保育士では6名までしか見てはいけません」と規定しているのでたった1名だろうと6名を上回れば保育士を補充する必要があるのです。結論としては7名の0歳児クラスであっても3名の保育士が必要であるということになります。


 

 ここで1つ問題が出てくることに気付いた方はいらっしゃいますかね?そう、じゃあこの園は10人いれば運営することができるの?という素朴な疑問です。保育園は保護者の勤務時間に合わせて保育園を開園している必要があります。保育園によって開園時間は様々ですが多くは朝7時から夕方の7時くらいになるのではないでしょうか?

 全園児がいる時間帯には10名が必ず必要になるのでおおむね9時〜17時の間には全員が出勤していなければなりませんね。そして登園の早い子どもと降園の遅い子どもがいる場合にはそこでも配置基準(年齢別でない統合保育の場合には異なる基準があります)に則した保育士が必要になります。つまり、この保育園の場合には10名の保育士がいれば保育士配置基準に則した人員がいるけれど、実際に保育を回すには早くからくる人、遅くまで勤務する人、休暇を取る人などのことを考えると10人では不足してしまう可能性が高いと言えるのです。

 蛇足ですが、この保育士配置基準に関してももっと保育士数を増やす必要がある。という意見も強くあります。基準の強化を現場の保育士や子どもの安全を願う保護者は求めているのですね。しかし一方で政府は待機児童問題の解決の為に基準の緩和について議論をしていることもありました。

 子ども達を限られた空間で、長時間安全に過ごさせる責務が僕たち保育士にはあるわけですが、現行の基準では相当な負担がかかっていることは認めざるを得ません。













RyU先生(男性保育士)

 専門学校を卒業後3年間私立保育園にて勤務した後、障がい児通所施設や公立待機児童一時保育室にて子どもと関わる。現在は保育や育児の悩みに応える保育士ライターとして各キュレーションメディアなどを中心に活動中。

 子育て支援のモットーは「子育てがより楽しく、子どもって本当に可愛い」と思ってもらえるような支援をすること。

子育てに関する疑問や悩みがあれば、どうぞ遠慮なくコメントしてくださいね^^
ライティングのお仕事のご依頼はお仕事のご依頼に関する概要に目を通して頂いた上で、移動先のページにあるメールフォームよりご連絡ください。




〜笑顔で子育て〜RyU先生の子育て手帳
※規約に目を通しメールアドレスを入力し登録をしてください





続きはここをクリック

2016年10月14日

【赤ちゃんの服装】赤ちゃんに着せる服の枚数の目安


【赤ちゃんに着せる服の枚数ってどのくらい?】

150809330849_TP_V.jpg


 今回は赤ちゃんにとって心地の良い服の枚数に関するちょっとした目安を紹介します。赤ちゃんはママの胎内で色々なものから守られて産まれてきてくれます。羊水にはウイルスはありませんし、細菌もありません。産まれた瞬間からそうした外敵との戦いが始まるのです。

 今回の主題に入る前に、初乳(しょにゅう)は赤ちゃんに飲ませましょうと言われる意味を少し解説していきますね。ママさんはもう知っているかな?プレママさんはもしかしたらまだ知らない方もいるかもしれませんね。

 母乳はママの血液からできていて、赤ちゃんの成長に必要な豊富な栄養素が含まれています。特に出産後から5日程度の母乳には栄養素と一緒に、まだウイルスや細菌などの外敵への抵抗力を持たない赤ちゃんを守る為の『免疫抗体』がたくさん含まれているんです!!

*****************************************





*****************************************

【赤ちゃんは半年間ママの免疫で守られている】


(c) .foto project


 初乳は授乳量にもよるのですが出産直後から5日ほど分泌される特別な母乳になります。免疫機能をまだ獲得していない赤ちゃんに母乳から抗体を与えることができるのです。その初乳に含まれる免疫抗体は6ヶ月の間働いて赤ちゃんを守ってくれるとされています。

正に母の愛というか、生物の神秘ですよね。。。  

 子どもがよく病気にかかるのはこのママからもらった抗体が切れて、ウイルスや細菌に触れながら少しずつ自分の免疫(自己免疫と言います)を獲得していく過程にあるからなんですね。なので、赤ちゃんよく熱を出します。赤ちゃんならではの感染症もたくさんあります。

 そうして、ウイルスと戦って戦って子ども達は元気に育っていくようになっているんですね。だから、子どもが熱を出して大変なことも多いと思いますが「こうやって少しずつ健康に育っていくんだな」と思って、優しく看病してあげてくださいね。


*****************************************





*****************************************

さぁ閑話休題(本題にもどりますーw)です。

【赤ちゃんにはママパパの着ている服の枚数+0〜1枚が基本】

LISA78_takaitakai20141018093006_TP_V.jpg


続きはここをクリック

2016年10月01日

【抱っこ癖はウソ?ホント?】子どもと親離れについて


【甘やかし過ぎると抱っこ癖になる!?】


LISA78_takaitakai20141018093006_TP_V.jpg

泣いていても可愛い。怒っていても可愛い。笑顔なんてそりゃあもう可愛い。抱っこしてアゴとかつねられるとカワ・・・あ、ちょ痛っ。


今日は赤ちゃんの抱っこ癖について、保育士として書いていこうと思います。半年前くらいに友だちに赤ちゃんが出来たのですが、そりゃあもう溺愛してましてね。けど、そんなデレデレのパパが夜泣きについて話をしている時にこう言ったのです。

「あんまり抱っこし過ぎると抱き癖ついちゃうから、泣いていて可哀想な時もあるんだけど、あんまり抱っこしないようにしてる……」

ちょっと待ったーーーーーーー−−−−−−−!

当時生後4ヶ月だったので、ついここで叫んじゃいましたね。
結論から先に書きます。

赤ちゃんを沢山だっこしても抱っこ癖はつきません!

続きはここをクリック

2016年06月19日

【法則発見】子どもの視点の人の呼び方





家に誰かが訪ねてきました。
ママはその人を迎え入れて子ども達に教えます。

「ほら、おじいちゃんが遊びに来たよ」


さあ、来たのはママにとって子どもにとってどんな関係の人でしょうか?



PAK86_yubiwokuwaeruakacyan20130320-thumb-autox1600-16786.jpg




【ママにとってはお父さんなのに「おじいちゃん」と伝える不思議!】


冒頭での問題分かりましたよね?
そう、遊びに来てくれたのは子ども達にとって優しくて大好きなおじいちゃんです。そしてママにとってはお父さんにあたります。

ママにとってはお父さんなのにどうして子ども達には「おじいちゃん」と伝えていたのでしょうか?






もう一つよく見られる光景から日本語の違和感を見つけました。
小さい子どもに「あなたの年齢を教えてくださいますか?」とは聞きません。
「ぼく何歳?」、「わたし何歳?」と聞くと思います。

聞いている人の性別はおいておいて「ぼく何歳?」は日本語をそのまま受け取ると、自分の年齢を自分に質問していることになります。もしその人が独りで真剣に言っていたとしたら・・・え、どうかしましたか?って心配になりますね。笑



さて冒頭の会話に話を再び戻しましょう。

家にママにとってのお父さんが来た。
パパに伝える時にはそのまま「お父さん遊びに来たよ」と言いますが、子どもにお父さん(子どもにとっては祖父ですね)が来たことを伝えるには、「ほら、おじいちゃんが遊びに来たよ」と自然に言い換えて伝えていると思います。



でも「ほら、お父さん遊びに来たよ」と伝えたとしてもママにとってのお父さんなのですから日本語としては間違っていませんよね。
ただ、仮にそのまま子ども達に伝えたとしたら、きっと子ども達はキョロキョロと辺りを見回して、おじいちゃんの背中をのぞき込み「パパどこにいるの?」と不思議そうな顔をするでしょう。どうしてこんなことが起こるのでしょうか?


やはり伝え方は「ほら、おじいちゃんが遊びに来たよ」になります。満場一致です。



けれど日本語としては違和感があります。
言っている人はママです。遊びに来たのはママのお父さんであり、おじいちゃんではありません。日本語通り受け取ると「ほら、おじいちゃんが遊びに来たよ」は聞き手となる子どもにとってはママのおじいちゃん、つまりひいおじいちゃんになってしまいます。

どうしてこんな矛盾とも言える様なことが当たり前に子どもも大人も認識しているのか、自然に言い換えることができているのかというと子どもの心の発達に私たちは無意識に目を向けて伝えようとしているからなのです!











【子どもの自己中心性に目を向ける!】


PAK86_dakkosareruakacyan20130320-thumb-autox1600-16781.jpg


子ども達は身体が日に日に大きくなるのと同時に、心もスクスクと育っていきます。
その中で3歳頃を目安に子ども達はある大きな心の成長をします。それが「自己中心性からの脱却」です。


よく、TPOにそぐわない言動をしてしまう人に対して「あの人は自己中(心的)だなー」と言いますね。これは大人の、社会の常識という枠で考えた時に不適切な事をしたり、言ったりしてしまったことを非難しているのです。
しかしここでの自己中と、子どもの発達に見られる自己中心性は異なる物です。



子ども達は3歳頃まで皆「自己中心性」の考えをしています。
ここで言う自己中心性は、先ほどのTPOにそぐわない言動をしてしまうことのように性格の違いや問題ではないのです。


子ども達が自己中心性から抜け出しているかを確認する有名なテストがあります。
「3つ山課題」というものを聞いたことがありませんか?

大小ある3つの山の模型が四角い箱に用意されています。その麓には街があり、Aくんは一番大きな山が最も近くにあり、その山の向こうには赤い車が見えています。
Aくんは北側からその景色を眺めているとして。BくんはAくんにとっては右側の西からCくんは向かい側の南からそれぞれその模型を眺めます。

IMG_20160618_205142.jpg

この時にAくんに、Bくんから見た赤い車は一番大きな山のどちら側にあるのかを聞き、Aくんは自分の場所から動かずにその問いに答えます。

一応答えを書くと、Aくんから見て赤い車は一番大きな山の向こう側にあるのですから、Bくんからは視点が変わり赤い車は一番大きな山の右側に見えますね。

これは「3つ山課題」の例題ですが、そもそも「3つ山課題」の目的はどこにあるのでしょう?
それが「他者の視点に立ち、物事を考えることができるか」ということなのです。
この視点の切り替えができると「自己中心性から脱却している」といい、できないと「自己中心性の中にいる」と判断します。


おおよそ3歳までの認知は自分の視点からしかできません。なのでもし自己中心性から抜け出していない年齢の子どもに「Bくんから見たら赤い車はどこ?」と聞くとBくんの視点はを想像することができず、自分から見た風景で「山の向こう側」と答えます。これを発達的に自己中心的であると言うのです。








【自己中心性の視点に立つとママのお父さんは「おじいちゃん」に言い換える】


ようやく今回の記事のまとめです。笑


ママのお父さんが遊びに来たとき、子どもにとってはおじいちゃんなので、ママはお父さんを「おじいちゃん」と子どもの視点に立って言い換えていたのです。

小さい子どもに年齢を聞くときも、子どもの視点に立つから「ぼくは何歳?」と一人称を使って尋ねるのです。


もし小さな子どもと話をしていて会話が噛み合わないな。と思ったら、一度この自己中心性のことを思い返して子どもの視点に立ってみてください。





本来の関係 ➡子どもに伝える言い換え

ママにとってのお父さん = おじいちゃん
おじいちゃんにとっての娘 = ママ
パパにとってのお母さん = おばあちゃん
おばあちゃんにとっての息子 = パパ






✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
RyU先生(リュウせんせい)
専門学校卒業後に私立保育園にてクラス担任を経験。放課後児童デイセンター、公立の待機児童の為の臨時保育施設での経験もあり。

現在は育児ライターとして子育て支援に関わらせて頂いています。

在学中に認定ベビーシッターを独自で取得。
その他、レクリエーションインストラクター、リトミック指導員の資格取得。

援助のモットーは
「より子育てって楽しい!やっぱり子どもって可愛い!」と思ってもらうこと!!



ブログの発展の為にランキングに参加しています。よろしければバナークリックにてご協力頂けると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
ブログランキング・にほんブログ村へ