2019年04月23日

【重要!】サイト移転のお知らせ

 みなさんこんにちはRyU先生です!


 これまで「男性保育士RyU先生の子育て応援日記!!」を見て頂きありがとうございました。これからの更新は新しいブログにて行っていきますので、引き続きRyU先生を応援よろしくお願いいたします!

NEWブログ:【男性保育士】RyU先生の学viva!遊viva!(学び場、遊び場♪)
URL:https://plaza.rakuten.co.jp/ryu2019/



 それじゃあ、また遊ぼうね!

2019年01月31日

【保育コラム】保育士は敏感に鈍感であれ@

<まえがき>
 保育士という専門性を要する資格をもつ人達が多くいる。彼らは、いや僕ら保育士は乳幼児期における発達を理解し、保護者支援という形でサービス業の様な仕事もこなし、その重要性は年々増していく一方である。このコラムでは筆者が保育士として、また男性保育士の一人として、また育児という子どもの未来を左右することもあり得る壮大な人生のプロジェクトに参加させてもらう1個人として感じていること、考えていることをまとめていく。ブログ記事という投稿媒体の為に、このブログでは軽い文体で育児に携わる専門性を持たない人に向けた記事を心掛けてきたが、これから長期にわたり発信するこのコラムでは1度その枠から飛び出て、専門性のある人でもじっくりと読めるような、筆者の考える保育論に読者が潜りこめるようなコラムを届けていきたいと思っている。それ故にこのコラムの読者層としては子育てをする母親や父親ではなく、今まさに現場で働いている保育士の為のものになることを予め理解をして読み進めていってほしい。ただ、意識の高い保護者という読者も適していると言えるかもしれない、その場合には保育の専門用語なども出てくるが注釈や、咀嚼した文章を参考に読み進めて頂ければと思う。





1.保育士に必要な資質とは?
 ・専門知識はそこまで重要ではない
 ・ロジカルにシステマチックに考える視点も重要
 ・気持ちの受容と子どもの最善の利益
 ・敏感に鈍感であれ
 ・「見て盗め」は応用性が伴ってようやく光る
 ・男性保育士の必要性
 ・保護者支援の実際と親育て
 ・横の連携と縦の連携

2. これからの保育に求められることは改善ではなく改革
 ・保育士不足の時代から保育士厳選の時代へ
 ・

2019年01月25日

実習日誌・保育書類に役立つポジティブ表現変換まとめ【随時加筆】

 保育の業務の中で日々悩まされることの一つに書類があると思います。求められるのは個々の成長とそれを踏まえて援助すること、予想される子どもの行動、それらに対する反省と改善点。といったところでしょうか。それをどんな形でも書いて良い!ということであれば皆さん困られないのでしょうけれど、保育書類ならではの表現であったり、保育所保育指針にのっとって書かなければならなかったり、もしかしたら独自に園で統一している表現というのもあるかもしれません。

 なのでこのまとめは、どんな書類にでも当てはまるものではないのですがRyUが保育士として保育園や保育施設で、保育ライターとしてクライアント様から求められた柔らかな表現を、実習日誌などで使えるポジティブな表現と、保育の公的書類などで使用するのが好ましい表現に置き換えて羅列していきたいと思います。こちらの記事は随時更新していきますので、書類で頭を抱えている時に少しでも手助けとなれば幸いです。




例)うるさい子    →元気のある子       「気持ちが高揚し声が大きくなる姿が見られる」
  実際に感じるの表現→ポジティブな表現     「書類上の表現」



・歩き回っている   →探索活動を好む            「興味をもつ玩具などがなく立ち歩く姿が見られている」
・うるさい子     →元気のある子             「気持ちが高揚し声が大きくなる姿が見られる」
・話を聞かない    →周りに意識が向いている        「話に集中することができず周りに注意が逸れてしまっている」
・〜させる      →〜できるよう声をかける        「〜をしようと思えるように声掛けや関りを工夫していく」
・意地悪をした    →友達が嫌がる行為で気持ちを表現した  「自分の要求を〜という形で表しており、友達の嫌がる姿が見られた」


(2019.01.25更新)
posted by RyU先生 at 06:00| Comment(0) | ポジティブ変換「まとめ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

お久しぶりの投稿です。汗

皆さんこんにちはRyU先生です!
いやあ〜…………

8か月ぶりの投稿ですよ。何してたんだ?と聞かれたら保育に忙殺されていたわけなのですが、ここに来て記事を更新することができるなんて、まさか。。。自主退職ですか!?!

いえいえ、楽しく働かせていただいておりますとも^^

体調面で言うとなかなかに厳しく、同僚に負担をかける日もありますがどうにか頑張っております。
と、悠長な近況報告なんかしているけれども、この時期によくそんなことできるな。と保育士の皆様は思われているかもしれないですね。
そんな皆様の思っている通りで、まあ忙しい時期です。保育園によって行事のスケジュールは異なるのですが近々では「発表会」、「節分会」、「保育園開放」、「ひなまつり会」、「お別れ会」、「卒園式」そして「次年度準備」が控えているわけでありまして、だども「誕生日会」や「避難訓練」などやれといわれりゃ、おいどんも男なわけで…繁忙期という言葉が保育園にあるのだとしたら、「運動会」前後と「発表会〜次年度準備」の当たりは普段の保育にプラスで制作活動や出し物の練習なども含めるととにかく忙しいです。

じゃあなんで記事なんて書いてるの?と言われますとね。
ほんとにほんとにありがたいことなのですが、記事の更新が滞ったこのブログの読者さんであったり、Twitterでのフォロワーさんであったり、youtubeのチャンネル登録者様であったり、RyUを支えてくださる方が居続けてくださる、そのことに本当に感謝をしなくちゃいけないよな。と思ったので、今日この近況報告のような形で顔を見せることができたらなと思い至ったのです。


現場復帰から残り2か月で2年になります。保育園の職員としてのキャリアも5年目になり、Webライターや派遣職員などでプロとして保育に関わらせて頂くようになってから8年ですか。早いものです。


変わったことは本当に子どもを”見る”力がついてきたなということ。
そして、保育をすればすれほど、経験を重ねる毎に子どものことがもっと好きになっていくこと。

今回は繁忙期で忙殺される状態の中での更新なので、このくらいにしておきますが、近日中にはyoutube動画のアップ(音源は作成済みです!)や、保育現場に戻った今だからこそ書ける記事を上げていこうと思いますので、もうしばしのお待ちを!

それでは、また遊ぼうね^^

posted by RyU先生 at 22:00| Comment(0) | 【日記】RyU先生の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする